atelier makita

外苑前の美容室アトリエマキタ 小浜田吾央のブログ

動きのあるスタイリングについて

この間の撮影でのヘアメイクのご紹介です^ ^





今回は少し動きのあるヘアスタイルを作らせて頂きました^ ^

動きのあるヘアのスタイリングのポイントは中間の動きや質感が大切だと思っています!!


今回のヘアスタイルは26mmのカールアイロンを基本120度の設定で使用しました!


アイロンの温度が高過ぎると髪が硬く見えてしまったり、その後のカラーなどに影響するダメージにつながってしまう事もあるので、

セットにかけれる時間と天秤にかけて、出来るだけ低めの温度で扱う事をお勧めしています^ – ^


僕は中間の動きを作る時はまずは毛先を無視して、中間に適当に動きをつけていきます^ – ^


表面の方は細かい感じで巻いてあげると良い感じになりやすいです^ ^


その後にアイロンの温度を下げて(今回は90度)

全体のバランスを見て毛先に動きを加えた方が良さそうなところに、カールアイロンを入れていきます!




それを手ぐしやドライヤーで崩して動きを自然にしていくのですが、

つけた動きが取れやすいお客様はパーマをかけて動きやすい髪のベースを作ったり


固まらないスプレーなどで、髪にごわつきを持たせると動きやすくなります〜


仕上げにスタイリング剤ですが

ウェットにするのか?ドライなふんわりにするのか?等によっても雰囲気は変えられるのでスタイリング剤選びも色々やってみると良いかもしれません^ ^


今回は少しだけウェットな質感のスタイリング剤でクールなお洒落感のある雰囲気にしました^ ^


こんな感じのヘアスタイルも作らせて頂いています!!


お好きな方がいらっしゃれば是非ご利用下さい!!

Related Posts